手術室看護師のやりがい

手術室看護師のやりがいとは何でしょうか?

病棟と違い患者さんは手術室に入室すると麻酔ですぐに寝てしまいます。
手術が終わるとすぐに病棟の看護師が迎えに来ます。
患者さんとのコミュニケーションをとる時間はとても少ない職場です。

では、手術室の看護師はいったいどこにやりがいを感じているのでしょう。

手術中は「外回り」看護師と「機械出し」看護師がいます。
よほど小さな病院でなければ、どちらか一方からスタートします。
外回りからスタートした場合、外回りとしてある程度の手術をこなせるようになったら、機械出しを始めます。
機械出しからスタートした人は、ある程度の手術の機械出しをこなせるようになると次は外回りです。

手術につくにはまず、どのような手術が行われているのかを知らなければなりません。
医師がどのような手順で行うのか、どのような物品を使用するのか、麻酔は何を使用するのか。
全て把握していないと、手術に付くことが出来ません。
手術は一つ一つ手順が違います。しかも、どんどん進歩していきます。

こういった医療の最前線で働く看護師たちはやる気に溢れる看護師、というイメージが自分の中にあります。それはやりがいを持って仕事に取り組めているからなのでしょう。
手術室看護師のやりがいとは、知識を増やし、新しい手術をこなせるようになることではないでしょうか。
手術室は自分でどんどん学んでいかなければ知識を増やすことができません。
いわば、自分との戦いです。
大きな病院ですと、脳外科、心臓外科、消化器外科、泌尿器、腎臓内科、循環器内科、整形外科など手術を必要とする分野も数多くあります。
その全てに対応できるようになることが、やりがいに繋がっていくはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です